正規品です。
Louis Roederer Cristal Brut 2005 / Champagne White Dry
ルイ ロデレール クリスタル ブリュット
750ml/ギフトBOX入り
生産者
生産地 シャンパーニュ地方ランス市
AOC シャンパーニュ
ブレンド比率 平均:ピノ・ノワール55% シャルドネ45%
製造工程 12℃以下の気温を保つ特別な熟成室の中に、20数基の大樽(フードル)を備え、最上の年のワインを常時最低5年以上熟成させ、また、宝というべき極上年代物のレゼルヴワインを、スタンダードものに平均10%位ブレンドし品質の維持・均等を保っている。
タイプ 白の濃厚な辛口発泡酒
特 徴 繊細な琥珀色の明るさをもち、非常にきめ細かな豊かな泡立ち、完熟したリンゴやナシの様な白い果肉の果実香と豊かで柔らかくふっくらとした輝くような女性美の極致を思わせるデラックスな印象のスタイルで、また、絹のように滑らかな口当たりでコクもあり、長い余韻のタイプ。
料 理
チーズ
チーズでは、白カビソフトタイプのブリー、ラングル、シャウルス、カプリス・デ・デューなどがよくあい、牛や鶏のシャンパン煮、骨付きハムやソーセージにあわせやすく、イカやタコのフリッター、白身魚のカルパッチョなどあっさりした料理や和食とも相性がよい。



■ ご確認ください ■

★高水準の美しく彫刻された作品★
ルイ・ロデレール
クリスタル・ブリュット [2005]年
(750ml/ギフトBOX入り)


■ルイ・ロデレール■

 1776年創立のデュボワ・ペール・エ・フィスを起源とし、1833年に事業を受け継いだルイ・ロデレールにちなんだシャンパン・ハウスで、ロデレールの家系は、代々酒造りの名手として定評があり、高品質のシャンパーニュを生産することでも有名。

19世紀後半、ルイ・ロデレールにとって最大の市場であったロシアに革命が勃発したことにより大きな痛手を被りますが、事業を受け継いだロデレール家系のカミーユ・オリリ夫人により危機を脱し、現在は、夫人の孫に当たるジャン・クロード・ルゾーが経営に当たり、家族経営を守っています。

ロデレールは、実に180ヘクタールにも及ぶ自社畑を所有し、そこで必要なブドウの80%を賄い、シャンパーニュ随一の自給率を誇ります。

年間平均総生産量(約250万本)の60%が輸出用、また特別なカーヴにはヴァン・ド・レゼルヴを多く所有します。

また、ボルドーでもCH.ド・ぺズやCH.オー・ボーセジュールをも所有しています。


■クリスタル■

 19世紀半ばより、ロシア宮廷に最高級のシャンパーニュを納めていたルイ・ロデレール社に1876年、時のロシア皇帝アレクサンドル2世からの要望により誕生したのが、ルイ・ロデレールのプレステージ・シャンパーニュ、クリスタル・ブリュット・ヴィンテージ(当時はバカラ製)です。

我が食卓に供されるシャンパーニュは
民間人が購入できるものと全く違うものにせよ。
そのため瓶はクリスタルであること。
ナプキンで覆ってサーヴされるので、
ナプキンから出るボトルの首の部分を半透明にし、
これだけで我がシャンパーニュとわかるようにせよ。


また、クリスタルにより毒物の混入を見破る役目とボトルの底に窪みを造らないことで小型の爆弾が仕込まれないように用心していたとも言われ、これは、当時のロシア皇帝アレクサンドル2世の身辺が非常に不穏であったことを示しています。

なお、透明なボトルに入っているため、現在では紫外線を遮るのにセロハンが被せられています。

クリスタル・ブリュットは、シャルドネとピノ・ノワールが調和し、黄金に輝く色合い、きめ細かな泡立ち、洗練された酸と芳醇な果実味に溢れる、贅沢すぎるほどの完成されたシャンパンです。








ログアウト
メニュー

最も優遇 ルイ・ロデレール・
クリスタル・ブリュット [2005]年
(750ml/ギフト箱入り)【スパークリングワイン】

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

最も優遇 ルイ・ロデレール・
クリスタル・ブリュット [2005]年
(750ml/ギフト箱入り)【スパークリングワイン】

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報