●カーソルをスクリーン上に表示させる新しいツール
レーザー光ではなくカーソルをスクリーン上に表示させることができる新しいプレゼンテーションツールです。これまでのレーザーポインターでは光が吸収されて見づらかった液晶モニターでも、ポインティング箇所が見やすいほか、複数のスクリーンに投影する場合や遠隔地とのテレビ会議などでもポインティング箇所をすべての画面に表示させることが可能です。カーソルは形状・大きさ・色を変更でき、さらに写真やイラストなどの写真を使ったオリジナルアイコンを作成して使うことができます。細かな図表やクローズアップしたい部分を拡大させる機能を搭載しており、オリジナリティーのあるプレゼンテーションが可能です。上位機種の「PR1-HY」 は、カーソルによるプレゼンター機能に加え、グリーンレーザー光によるレーザー機能を搭載したハイブリットモデルで、スイッチ一つでモードを切り替えることができます。レーザー光の出力方式には緑色レーザーダイオードを直接発行させる「ダイレクトグリーン」を採用しています。赤外線レーザーダイオードを緑色に変換する方式に比べレーザー出力の安定性が高く消費電力が少なく済むため、実使用環境において約35時間の連続使用が可能です。

【仕様】
対応OS:Windows 7/8/8.1/10、Mac OS X 10.10-10.11、Mac OS 10.12-10.13(2018年9月現在)
対応ソフトウェア
・PowerPoint 2010/2013/2016
・Adobe Reader DC/2017 for Windows
・Power Point for Mac 2016
・Mac 用Keynote 6.5-8.1
・Mac プレビュー 4.2-10.0
・Google スライド
・Prezi
ワイヤレス操作範囲最大20メートル
ログアウト
メニュー

【売れ筋】 【納期約7~10日】Canon キヤノン PR-1HY プレゼンテーションツール

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【売れ筋】 【納期約7~10日】Canon キヤノン PR-1HY プレゼンテーションツール

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報