ナイジェルケーボン タイメックス《サバイバルウォッチ》


ミリタリーウォッチというカテゴリーにおいても、その先駆者であり実際に米軍の要請を受けて初めて1910 年代に腕時計型の軍用時計を開発したTIMEX。 160 年以上の歴史を誇る同社とコラボレーション。

1854 年に創業し、1917 年には米軍最初期のミリタリーウォッチ「Midget」の開発を手掛けたTIMEX。第二次世界大戦では米軍に爆弾タイマーなどを納め、その功績により米国政府から表彰を受けました。後のベトナム戦争では戦地で修理や交換を必要としない「ディスポーザブルウォッチ」を開発、米国政府の買い上げによって米軍兵に支給されました。 この時計はのちに「Camper」という名称で民生品として販売され、以来、その実用性の高さから今日まで続くベストセラーとなっています。

専用のキャンバスバッグの他に、Nigel Cabournではお馴染みのベンタイル製のベルトとレザーベルトが付きます。



SS20の新作は、第二次世界大戦中に、イギリス空軍が使用していた救命装置からインスピレーションを受けたデザインです。例えば、鮮やかなイエローのライフベストやRAF(王立空軍)が落水の際、延命できるよう開発されたコットンヴェンタイル。そんな背景から誕生した、サバイバルイエローを基調とした文字盤が特徴的なサバイバルウォッチ。


(SIZE)
ムーブメント直径約3.7cm

※COME WITH SPECIAL MADE BAG


(生産国)
MOVEMENT IN JAPAN
ASSEMBLED IN PHHILIPPINES




《Nigel Cabourn ナイジェル・ケーボン》


1949年イギリス生まれ。
17才でニューカッスル・アポン・タイン大学のファッション学科に入学。 ファッションキャリアのスタート地点に立つ。
カレッジの最後の年に自らの会社"CLRICKET CLOTHING LTD."を起ち上げる。
3年後にはパリで行われたメンズウェアショー"S.E.H.M"に出展。ハリス・ツイードを使ったコレクションを発表。
本格的に海外への展開を開始。
1996年ロンドンのコベント・ガーデンにNigel Cabourn一号店をオープン。
ナイジェル・ケーボンのコレクションは現在ふたつのラインで展開されている。
ひとつは日本で生産されている。"Main Line メイン・ライン"。もうひとつがイギリスのメーカーで可能な限りイギリス産の生地を使って生産する"Authentic Line オーセンティク・ライン"である。 どちらもナイジェル自身によるデザインとなっています。


※モニタの発色により、実物と見え方が異なる場合があります。




ナイジェルケーボン タイメックス《サバイバルウォッチ》


ミリタリーウォッチというカテゴリーにおいても、その先駆者であり実際に米軍の要請を受けて初めて1910 年代に腕時計型の軍用時計を開発したTIMEX。 160 年以上の歴史を誇る同社とコラボレーション。

1854 年に創業し、1917 年には米軍最初期のミリタリーウォッチ「Midget」の開発を手掛けたTIMEX。第二次世界大戦では米軍に爆弾タイマーなどを納め、その功績により米国政府から表彰を受けました。後のベトナム戦争では戦地で修理や交換を必要としない「ディスポーザブルウォッチ」を開発、米国政府の買い上げによって米軍兵に支給されました。 この時計はのちに「Camper」という名称で民生品として販売され、以来、その実用性の高さから今日まで続くベストセラーとなっています。

専用のキャンバスバッグの他に、Nigel Cabournではお馴染みのベンタイル製のベルトとレザーベルトが付きます。



SS20の新作は、第二次世界大戦中に、イギリス空軍が使用していた救命装置からインスピレーションを受けたデザインです。例えば、鮮やかなイエローのライフベストやRAF(王立空軍)が落水の際、延命できるよう開発されたコットンヴェンタイル。そんな背景から誕生した、サバイバルイエローを基調とした文字盤が特徴的なサバイバルウォッチ。


(SIZE)
ムーブメント直径約3.7cm

※COME WITH SPECIAL MADE BAG


(生産国)
MOVEMENT IN JAPAN
ASSEMBLED IN PHHILIPPINES




《Nigel Cabourn ナイジェル・ケーボン》


1949年イギリス生まれ。
17才でニューカッスル・アポン・タイン大学のファッション学科に入学。 ファッションキャリアのスタート地点に立つ。
カレッジの最後の年に自らの会社"CLRICKET CLOTHING LTD."を起ち上げる。
3年後にはパリで行われたメンズウェアショー"S.E.H.M"に出展。ハリス・ツイードを使ったコレクションを発表。
本格的に海外への展開を開始。
1996年ロンドンのコベント・ガーデンにNigel Cabourn一号店をオープン。
ナイジェル・ケーボンのコレクションは現在ふたつのラインで展開されている。
ひとつは日本で生産されている。"Main Line メイン・ライン"。もうひとつがイギリスのメーカーで可能な限りイギリス産の生地を使って生産する"Authentic Line オーセンティク・ライン"である。 どちらもナイジェル自身によるデザインとなっています。


※モニタの発色により、実物と見え方が異なる場合があります。
ログアウト
メニュー

最先端 Nigel Cabourn × TIMEX - SURVIVAL WATCH 【国内正規】ナイジェルケーボン タイメックス《サバイバルウォッチ》

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

最先端 Nigel Cabourn × TIMEX - SURVIVAL WATCH 【国内正規】ナイジェルケーボン タイメックス《サバイバルウォッチ》

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報